入居前に知っておきたい事|住宅型有料老人ホームで安心な老後を過ごそう!

住宅型有料老人ホームに入るためには…

基本的に住宅型老人ホームには要介護者の方もそうでない方も入居が可能です。しかし、いくつかの条件をクリアしていないと入居できないことがあります。その条件についてまとめているので、ぜひ確認くださいね。また、施設内で行われるイベントなどについても触れていきます。

入居前に知っておきたい事

メンズ

入居条件

住宅型有料老人ホームは基本的に60歳以上の方を対象にしています。介護レベルは、自立されている方から重介護の方まで入居可能ですが、重介護の方は介護サービス業者と契約を結んで介護スタッフに来てもらうなどしなければなりません。入居後に介護依存度が高くなれば、ホームに継続して居続けるのは困難になる場合もあります。その点に関してはきちんとホームと相談をしましょう。また、認知症の受け入れは施設によってまちまちですが、入居したい老人ホームに認知症についての記載の確認をするか、お問い合わせをしてしっかりと確認してくださいね。また住宅型と謳っていますが、必ず入居しなくても良い場合がほとんどです。自宅から通所することも出来ます。

医療設備・介護

施設によっては、医療ケアのレベルがそこまで高くない施設もあります。というのもそういった施設には自立されている高齢者や軽度の介護レベルの高齢者が多く入居している場合が多いので、ご家族やご自身の健康状態をきちんと把握して、介護が必要になるのか否かを判断した上で入居しましょう。また逆に医療ケアがしっかりしているところもございます。インスリン接種やたんの吸引などの対応が出来るところもありますので、その点も入居前に確認しておきましょう。

施設内イベントや活動内容

住宅型老人ホームではまだまだ元気な高齢者が多いため、イベントやレクリエーションなどが盛んです。施設によって内容は様々ですが、主にゲームやカラオケ、習字などの趣味教室も多く、理容ボランティアの方が来て髪を切ってくれる場合もあります。最近では日帰り旅行をする施設もあるようです。

自分健康状態に合わせたスタイル

住宅型有料老人ホームは、上記でお伝えしたように自立されている高齢者が多く入居している施設や、介護サービスが行き届いている施設もあるので、自分の健康状態に合わせたホームを探すことが出来ます。また、予算や共用設備がどれくらい充実しているのかも好みに合わせたホームを選択できます。インターネットなどでいくつか探して比較して探すのも良いでしょう。

広告募集中