メリットとデメリット|住宅型有料老人ホームで安心な老後を過ごそう!

住宅型有料老人ホームのメリットとデメリットを知ろう

メリットとデメリット

スイッチと車いす

メリット

住宅型有料老人ホームに入居するメリットは、介護サービスの形態をご自身で選べる点と、施設のバリエーションが豊富な点です。前者の介護サービスの形態の選択ですが、これまで利用していた介護サービス業者を継続して利用できたり、訪問介護を選んで通所して自宅から通うことも可能です。その時のご自身に合った介護サービスを選べることは大きなメリットです。また、一般的な老人ホームから高級志向な老人ホームまで様々なバリエーションがあるのも特徴なので、自分の好みの施設を選ぶことも可能です。

デメリット

介護が必要な度合いによって月々の自己負担が高くなっていくことが挙げられます。介護がそこまで必要でなければ住宅型有料老人ホームは割安で押えることも可能ですので、ご家族やご自身のお体の状態を見極めて選ぶことをオススメします。また、施設によって24時間体制の看護師がいない点もデメリットに挙げられますので、介護の重要度が重くなることが予測される場合は、途中から介護付き有料老人ホームに切り替えると良いでしょう。

広告募集中